2014年   2013年   2012年  2011年  2010年  2009年  2008年  2007年

dosmanの鳥撮り日記

[トップに戻る] [ワード検索] [過去ログ]


2008年の鳥撮り日記




2008年6月1日(日) 晴れ

いやぁ、いい天気でしたね。暑くなく、寒くなく、絶好の鳥撮り日和でした。
午前中はお山の覗き窓に行きましたがほとんど成果なく、午後から地元に戻って何カ所か廻りました。
地元の覗き窓ではやっと枝被りのないオオヨシキリが撮れました。但し背景スッキリとはいきませんでした。
遊水地には珍しくセッカがいました。川ではカワちゃん止まり物のみ撮って撤収し、地元公園では収穫なしでした。

オオヨシキリ



オナガ



セッカ



2008年5月25日(日) 雨のち曇り

昼過ぎに雨が上がったので地元の島に行ってみました。
ところが期待とは裏腹に、波が高く岩礁には鳥の姿はありませんでした。釣り人も見当たりません。
いるのはトビとカラスだけ。駐車場代が痛かったけど30分で引き上げました。
2ヶ所目の遊水池、これまた鳥がいません。オオヨシキリが囀っていましたが、姿見えず。
時たま近くの川を通り過ぎて行くカワセミの鳴き声が聞こえました。ここも1時間で撤収。
結局いつもの公園で猛禽を待つことに。しかし現れず。今日はシャッターを一度も押さず完全坊主かと諦めかけたその時、、、
我が親愛なるカワちゃんが可愛い鳴き声を発しながら目の前を通過していきました。
待ってましたと三脚担いで一目散、目指すは本所松坂町!! じゃなかったいつもの池。
いましたいました、われらがカワちゃん。短時間だったけど、とりあえずシャッター押せました。



2008年5月24日(土) 曇りのち雨

午後から雨の予報でしたので、午前中鳥撮りに行きました。
1ヶ所目の近隣公園では、駐車場で三脚をセットしていたら、
いつもご一緒しているお馴染みさんが三脚担いで戻ってくる姿がみえました。
そして私に気付くと大きく両腕で「×」の合図。。。 意味を理解した私はさっさと三脚を車に積み込んで公園を去りました。
2ヶ所目の田園地帯ではカルガモが方々にいましたが、期待した子連れには遭遇できず、これと言った水鳥もいませんでした。
3ヶ所目の覗き窓では相変わらずオオヨシキリが五月蠅く囀っていました。
4ヶ所目の公園でやっと腰を落ち着けてしばらく粘りました。
昼頃に雨が降り出してきて早速自作レインカバーが大活躍・・・と言いたいところですが、
立ち位置が繁みの真下でほとんど雨の影響を受けませんでした。
っていうか、全く野鳥の出がなくなり雨中で頑張る意味がなくなったので撤収しました。
5ヶ所目の川では常連の先客数名が暇そうにしていました。増水して流された止まり木もあったので、立ち去りました。



2008年5月21日(水) 晴れ

今日は予報通りのいい天気でしたね。今週末は天候に期待できないので思い切って会社を休んで鳥撮りしました。
しかしながら、せっかく会社サボって意気揚々と出かけたのですが、成果は低調でした。
1ヶ所目の近隣公園、カワちゃん雛が1羽、奥の方でじっとしたまま。
2ヶ所目はホームまで足を伸ばしましたが、これまた雛が対岸で動き回るだけで近くには来てくれませんでした。
しばらくすると、突如赤い頭の雛が数十羽現れたので慌ててシャッターを押しました。
結局3時間ほど粘りましたが、シビレを切らして地元に戻りました。
3ヶ所目の川では全く出が悪く(早朝は出たらしい)、30分で撤収。
4ヶ所目の田園地帯では、なんとかアマサギを今季初撮り。
5ヶ所目の公園も出が悪く、日没と同時に撤収しました。



2ヶ所目で現れた、頭の赤い雛、数十羽。賑やかでした。



2008年5月18日(日) 曇り

今日はいつも通りに起きて、地元巡りでした。
まず田圃に胸の黒い子を求めて彷徨い歩きましたが、見つけられず。おそらく的はずれなポイントを探していたのかも知れません。
次に大きな葦を切る子を覗き窓で見つけましたが、ひどい枝被りで証拠写真。
次に軽い鴨の子連れを求めて彷徨いましたが、これも行方知れずに終わりました。
そして川に現れる蝉ならば何とかなると思ったのですが、出が悪く今ひとつでした。
最後は池に現れる川の蝉を日没近くまで粘って求愛給餌が撮れて本日の鳥撮りは終わりました。

[直接移動] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23]
投稿画像の表示サイズを変更できます
管理者用
今日 昨日

- Joyful Note -
- JOYFULYY v2.50 :Edit by Yamamoto -